第1章

総 則
第1条 本会を「北海道写真協会」(以下「道写協」)と称する。
第2条 本協会の事務局を札幌市中央区大通西3丁目6番地、道新文化事業社内におく。
第3条 本協会は、各地域の支部をもって構成する。

第2章

目的および事業
第4条 本協会は写真文化の向上発展と会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第5条 本協会は北海道新聞社と共催し次の事業を行う。
1.「写真道展」・「写真道展審査会・会友」作品展・「学生写真道展」
2.各種の撮影会およびコンテスト
3.その他必要な事業
第3章 会 計
第6条 本協会の会計は道写協会計と写真道展会計にわける。道写協会計は会費、入会金、登録料その他の収入をもって、写真道展会計は出品料とその他の収入をもって当てる。
第7条 本協会の事業および会計年度は毎年5月1日に始まり、翌年の4月30日をもって終わる。ただし、写真道展の会計年度は、各回展の実施にあわせ、毎年9月1日に始まり翌年の8月31日をもって終わる。
第8条 本協会の年会費は,写真道展審査会員15,000円,写真道展会友8,000円,道写協会員2,000円とする。
第9条 写真道展審査会員および写真道展会友に昇格した時には,審査会員は30,000円 会友は15,000円の登録料を納入すること。
第10条 本協会に入会する場合には,入会金1,500円を納入すること。
第11条 会費等は,年度内の10月31日まで納入すること。
第4章 組織および役員
第12条 本協会は、写真道展審査会員、写真道展会友、道写協会員、道写協参与、その他をもって組織する。
第13条 写真道展審査会員,写真道展会友,道写協会員は支部に所属しなければならない。
第14条 本協会に入会する場合は,規定の「北海道写真道展入会申込書」を提出すること。
第15条 写真道展審査会員,写真道展会友は,「写真道展審査会員・会友作品展」に出品すること。なお,写真道展審査会員は本協会の主催する写真展の審査権を有する。ただし,2年間「写真道展審査会員・会友」作品展に出品のない者は審査権がないものとする。
第16条 写真道展審査会員,写真道展会友,道写協参与の資格は,別に定める規定により決定する。
第17条 写真道展審査会員,写真道展会友で本協会に協力もしは貢献がなく,かつ,「写真道展審査会員・会友作品展」に5年間連続して出品がない時は,その資格を取り消すことがある。
第18条 写真道展審査会員,写真道展会友,道写協会員,道写協参与が,規約に違反したり,本協会の名誉を毀損したときは,本協会より除名することができる。また,本会費を2年間滞納した者は退会したものとする。
第19条

1 本協会に次の役員を置く。
   顧問 若干名 会長1名 副 会 長2名 会務委員 若干名 監査2名 事務局長1名 事務局次長1名
2 顧問に北海道新聞社事業局長、道新文化事業社社長があたる。また、事務局次長には、道新文化事業社部長があたる。

第20条 役員は,写真道展審査会員,写真道展会友,道写協会員,その他から選任する。
第21条 1. 役員の任期は2年とし,再任は妨げない。ただし、会長は3期までとする。また、会長は役員選考委員会の推薦により、総会において決定する。
2. 役員選考委員会は、会務委員会代表1名、道新文化事業社1名、審査会員3名の5名で構成する。
第22条 会長は,本協会を代表する。
第23条 副会長は,会長を補佐し,会長不在のときはその任にあたる。
第24条 会務委員は,本協会の事業の企画運営にあたる。
第25条 監査は,本協会の会計の監査にあたる。
第26条 事務局長は,本協会の事務一般を代表し,事務局次長は、事務局長を補佐する。
第5章 会  議
第27条 本協会の会議を次の通り定める。
1.総会
2.支部長会議
3.役員会
4.企画委員会
第28条 総会は1年に1回これを招集し、事業および会計報告、監査報告、事業計画、予算案の審議、役員改選、規約の改正等を行う。ただし、支部長会議によりこれを代行することができる。
第29条

役員会は,役員をもって構成し,本協会の運営および事業の企画・実施にあたる。 また,写真道展審査会員,写真道展会友,道写協参与の資格認定の決定権を有する。

第30条 企画委員会は,道写協と写真道展の連絡調整と役員会提案の素案の策定等にあたる。

付  則

第1項 支部の結成にあたっては、5名の発起人の連名により、最低限支部長、事務局長の2役を選び、規定の「支部設立申請書」を、本協会事務局に提出すること。なお、支部の結成には、役員会の承認を必要とする。
第2項 支部規約は,本協会規約に準じ別に定めること。
第3項 写真道展の開催にあったては,別途写真道展実行委員会要項を定める。
第4項

写真道展会友,写真道展審査会員,道写協参与の資格は,次の規定による。

1 写真道展会友 5年以上道写協会員として在籍し,下記のいずれかに該当する者を対象とする。
        (1)写真道展に,通算で10年以上入賞・入選の者。
        (2)写真道展に入賞・入選の点数が25点以上になった者。なお,点数の換算は,第一席5点・第二席3点・第三席2点・入選1点とする。
支部長は,該当者がいた場合,規定の「写真道展会友申請書」をもって申請すること。申請の期間は,直近の役員会において決定する。

2 写真道展審査会員 写真道展会友として在籍し,下記の(1)・(2)のいずれかに該当し,本協会に貢献のある者を対象とする。
        (1)会友で,「写真道展審査会員・会友」作品展に連続3回以上出品し,奨励賞を1回,または,準奨励賞2回を受賞し,会友昇任後個展を1回開催。または,全国公募のコンテストの上位三席程度の入賞をした者。
        (2)会友で,「写真道展審査会員・会友」作品展」に連続4回以上出品し,準奨励賞を1回受賞し,会友昇任後個展を2回開催,または全国公募のコンテストの上位三席程度を3回以上受賞した者。
※支部長は,該当者がいた場合,規定の「写真道展審査会員申請書と推薦決定書」をもって申請すること。申請の期間は,直近の役員会において決定する。
* 本協会の貢献とは,本協会役員として2年以上,または,支部役員(支部長・副支部長・事務局長・会計)3年以上,または,会友として3年以上例会等の指導を行った者。

3 道写協参与 写真道展審査会員として10年以上務め,本人から申し出のあった者を対象にする。年会費は免除するが,道写協の事業に関する審査権はない。

第5項

写真道展審査会員として,次のことを禁止する。

1.  道内における写真団体等の役員兼務。会員として所属の場合は,写真道展審査権は付与しない。
2.  道内で主宰される写真コンテストの応募。

第6項

【表彰規定】次の事項に該当する者に表彰状を贈り,その功を讃える。

1.  感謝状:本協会役員,支部役員(支部長,副支部長,事務局長,会計)として通算で10年を超え,本協会の発展に尽くした者。
2.  功労賞:本協会役員,支部役員,写真道展審査会員,写真道展会友として通算で20年を超え,本協会に著しく功績あった者。
3.  協会賞(会長賞):本協会役員および写真道展審査会として通算で30年を超え,道写協会員の指導にあたり,また本協会の発展に著しく功績のあった者。
※前記のいずれかの事項に該当する者を,支部の推薦によって役員会で決定する。

第7項

【慶弔規定】

1.本協会役員,写真道展審査会員本人が逝去した時供花  香典5,000円,弔電
2.本協会役員,写真道展審査会員の配偶者が逝去した時  供花, 弔電
3.本協会役員,写真道展審査会員」の父母が逝去した時  弔電
4.写真道展会友本人が逝去した時            香典5,000円,弔電
5.各支部の会員が逝去した時              弔電
6.その他必要と認めた場合,副会長と事務局長が協議のうえ決定する。

第8項

本規約は平成5年5月23日をもって、改正、実施する

  • 平成8年5月19日、第4章 組織、第8条、第12条、第16条、一部追加
  • 平成8年5月19日、付則第1項3、細則を追加
  • 平成11年5月23日、一部改正
  • 平成14年6月2日、一部改正、付則第1項2
  • 平成15年5月17日、一部改正、審査会細則(構成と任期)
  • 平成15年5月17日、一部改正、常任審査委員選出基準
  • 平成17年5月15日、一部改正、第3章 会計(道展会計年度の変更)、付則、細則
  • 平成18年5月14日、文言の全面改正(第1章〜第5章)、付則(審査会員特例の解除)
  • 平成21年5月17日、第1章総則、第2条、第4章組織、第19条、審査会細則、審査委員長選出基準、奨励賞選考委員選出基準
  • 平成24年5月13日、審査会員・会友の会費改定、会長の選出、役員選考委員会の設置等。